介護福祉用語全般

か行

介護

身体上または精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある者に対し、移動、入浴、排せつ、食事等日常生活を行ううえでの各種の援助の総称。



介護保険法

介護保険は、加齢に伴って体の機能の衰え、日常生活に支障が生じた人に、その能力に応じて自立した生活が送れるように、介護サービスを支給する新たな保険制度。



介護給付費交付金

介護保険制度において、全国の医療保険者から集めた納付金を財源として、支払基金が各市町村の特別会計に対して支払う介護保険の対象となる給付に要する費用。



介護認定審査会

介護保険制度において訪問調査の結果とかかりつけ医または指定された医師の意見書をもとにし要介護認定要支援認定の審査判定業務を行うために市町村が設置する業務機関。



介護マンパワー

介護の必要な人に対して専門的知識と技術をもって相談指導を行ったり、食事排泄入浴等の介護サービスを行う人達。



介護支援専門員

援助のすべての過程において、利用者の自立を助けるための専門知識と技術を持ち、利用者と社会資源の結び付けや関係機関施設との連携など、生活困難な利用者が必要とする保険医療福祉サービスの調整を図る(ケアマネジメント)役割をもつ援助者のこと。



介護サービス計画

個々のニーズに合わせた適切な保険医療福祉サービスが提供されるように、ケアマネージャーを中心に作成される介護計画のこと。サービスの種類や回数、時間帯、事業者等が決められます。



カンファレンス

会議を指します。



臥位

横に寝ている状態の体位。仰臥位、腹臥位、側臥位の総称。



介護給付

介護保険における要介護認定を受けた被保険者に対する保健給付。



仰臥位

あおむけのこと。



居宅サービス

在宅サービスのこと。



居宅サービス計画

居宅介護支援事業者がケアマネジメント(居宅介護支援)の過程で作成する要介護者等の在宅生活を支援するための介護サービスの利用計画。



居宅介護支援

生活困難な状態になり援助を必要とする利用者のニーズを明確にし、保険医療福祉サービスを受けられるように調整することを目的とした援助展開の方法。



居宅介護支援事業者

都道府県から指定を受けて居宅で受ける介護保険の給付サービスを適切に利用できるよう、さまざまな手続きや連絡を行う事業をしているところです。



クライエント

このクライエントという用語はもともとカウンセラーに相談を依頼する依頼者という意味から由来していが、社会福祉用語としては施設などでサービスや援助を受ける利用者のことをいう



車いす

身体上の機能障害等で歩行が困難な者のために工夫された補助具で、座席と大車輪、小車輪等からなっている。手で車輪を動かす手動式の車いすと、手の筋力が弱い等手動式の車いすを使用することができない者が使用する電動式の車いすがある。



ケアカンファレンス

事例の援助過程において、的確な援助を行うためにケアマネージャーが主催し、援助に携わる者が集まり、討議する会議のこと。



ケアプラン

個々のニーズに合わせた適切な保険医療福祉サービスが提供されるように、ケアマネージャーを中心に作成される介護計画のこと。サービスの種類や回数、時間帯、事業者等が決められます。



健側

障害を受けていない側を健側という(健手>健足など)。例えば、右脳血管疾患の場合においては左半身に麻痺が残ることが多い。この場合は右半身(右側)を健側と呼び、左半身(左側)を患側と呼びます。



高齢者世帯

65歳以上の者のみで構成されるか、もしくはこれに18歳未満の未婚の者が加わった世帯を指します。



後期高齢者

75歳以上の高齢者のことです。



コミュニティ

居住地域を同じくする共同体ことで、通常、地域社会といわれています。